1. HOME > 
  2. 彩+houseが選ばれる理由 > 
  3. 理由.5 チームで対応する定期点検とアフターメンテナンス

彩+houseが選ばれる理由

理由.5チームで対応する定期点検とアフターメンテナンス
『彩+house』は、一丸となって住まいづくりをサポート

【語り手】工事管理者 長谷川 博史

三味一体となってのお客様対応

『彩+house』の会社規模は決して大きいわけではありません。少数精鋭で家づくりを遂行する組織として、営業、設計、施工現場、その全てが三味一体となって、お客様の大切な住まいを実現し、夢を叶えます。

家づくりを見据えたライフスタイルのヒアリングから、プランニング、施工など、全ての工程を、チームとしてサポートしていくのです。営業の人間1人が窓口となって各分野へ伝聞するのでは、どうしてもお客様の希望とはズレが生じてしまうと思います。

また、我々スタッフ側の思い入れにも影響するでしょう。関わる全員が同じ想い、そして同じ情報を共有することで、お客様のご満足と高い完成度に向かっていくものだと『彩+house』は認識しています。お客様からは、「こんなに大勢で打ち合わせをするの?」と驚かれることも多いですが、安心、信頼に繋がるこの姿勢もまた、これから変わることはありません。

アフターメンテナンスに対する独自の対処法と考え

アフターメンテナンスに関して、『彩+house』では専属で担当する者がおりません。なぜかと言えば、会社として建てる棟数が増えていけばアフターメンテナンスを専属で行なう人間が必要になるものですが、その人件費等は最終的にお客様のコスト負担になってしまうと『彩+house』は考えるからです。

そのコストを生じさせないために『彩+house』が行なうのは、アフターメンテナンスの必要性を極力省く最高等級の家づくり。どういうことかと言えば、施工中は徹底して品質を上げる努力をします。

そのうえで第三者機関である検査機関に入ってもらい、施工の要所要所で検査を行なうのです。検査するのは日本住宅保証機構。完成後にも日本住宅保証機構には、半年後、1年後、2年後と定期点検を行なってもらいます。

報告をいただいた後には、もちろん私たち『彩+house』がお客様を訪問。そういう形をとっています。ですから、完成後の不具合等が非常に少なく済むのです。

また、万が一、何かしら不具合が生じた際には、どんな小さな点でも、お客様からご連絡をいただいた段階で、すぐ日程を調整し、できる限り迅速に対応。そのためにも、『彩+house』では、そもそも会社から1時間圏内の場所でしか、住まいづくりを引き受けないというわけです。

代表取締役 石川 武より一言

少数精鋭の『彩+house』がチーム体制でお客様対応をするのは、お客様ご家族の想いを全て掬い上げ、汲み取りたいからです。

ですから必ずと言っていい程、複数でお客様をお訪ねしています。女性スタッフがいるおけげで、奥様目線のアイデアも反映されるととご評価いただくことも多いですね。

『彩+house』展示場のご案内

石岡展示場でお待ちしています!!

こだわりの高断熱・高気密住宅『彩+house』なら熱い外気温の影響を受けにくい!エアコン1台で全室の冷暖房をまかなえる上質な住まいを、ぜひご体感ください。

→ 石岡展示場の詳細を見る

スマホ向け表示