1. HOME > 
  2. お客様大満足の声 > 
  3. K 様邸/Ishioka

お客様大満足の声

K 様邸/Ishioka

竣工年月:2021年5月

記念すべき『Stories−ストーリーズ』1棟目
その魅力に加え、私たちの希望をたっぷり盛り込み120%大満足

ご家族の概要や家を建てるきっかけ、描いたイメージなど教えてください

家族構成は、私たち30代の夫婦と、3歳の長女と1歳の長男の4人です。妻は那珂市出身で、私は石岡市生まれの公務員で仕事柄県内を転々と引っ越してきました。そのなかでやはりアパートだと子どもにとって狭くてかわいそうで、小学校に入学する前には家を建て、転校しないように決めてしまおうと夫婦で話しました。

家を建てる土地は、元々私の実家が所有していた畑の土地を利用することにしました。描いていた家のイメージは和モダンで、畳のある家にしようということまでは考えていました。

『彩+house』を選んだ理由は何ですか?

私の同級生が『彩+house』で働いているんです。でも決め手は社長さんの人柄ですね。他にも大手のハウスメーカーなどの展示場も見に行ったのですが、家を売りたいという営業色がやはり強かったんです。それに対して『彩+house』の社長さんは自分の建物に自信を持っていて、私たちの疑問に堂々と答えてくれたので、ここにしようと思いました。やはり家を建てるということは大きな買い物なので、一番信頼感があるところに決めました。

新商品『ストーリーズ』にしたのはなぜですか?

最初は『彩+house』で人気の『ショコラ』で考えていたんですけど、『ストーリーズ』は新商品なのでまだ1軒も建っていないと聞いたんです。どちらも良い家には変わりないし、どうせなら人と違うものを建てられたら面白いなというのがありました。

妻が気に入ったところは2つあって、1つは玄関に洗面台があったこと。子どもたちと妻はよく外遊びをするし、新型コロナのこともあるし、玄関からわざわざ部屋を横切って洗面所に行くよりも、玄関ですぐ洗えることがすごく良いなと思いました。きれいな手になってからリビングに入って遊ぶという習慣が付いたら、今後も良いのかなと。

もう1つは、キッチンからリビングが全部見渡せることでした。今までのアパートだと、ご飯を作っているときにリビングの様子が隅々まで見えないこともあって、「見えないところで子どもは何をしているのかな」と考えながらキッチンにいたそうなんです。この間取りなら子どもと話しながら料理ができると気に入りました。住み始めて今1か月くらい経ったのですが、妻が趣味のケーキ作りをしながらも子どもたちを見ていられて、私が2階や外に行くときも安心です。

あと、収納がかなりある家なので今の段階では何も入っていない棚ばかりで。私の場合在宅ワークができない職業なので、2階の在宅ワークのために使えるスペースも収納にしました。
お陰で子どもが大きくなるにつれて物が増えていっても、収納に関しては一生心配いらないかなと思うくらいです。

和室が印象的ですが『ストーリーズ』の間取りに元からありましたか?

元々和室は間取りに無かったんです。でも夫婦ともに和室は是非欲しいと考えていたので、追加してもらいました。和室と言っても壁で区切らないようにして、来客用というより自分たちのためのスペースとして考えました。

使い勝手は最高です。子どもは遊んだり昼寝したりと、食事以外はほぼ全てをここで過ごしています。収納もあるので子どもが自分でおもちゃを引っ張り出して遊べるし、息子が抱っこで寝たときも、上の棚から布団を出してここに敷いて寝かせられる。私たち夫婦も、ちょっとした段差になっているので腰掛けることができるんです。やっぱりこうやってリビングと繋がっていることで、和室が普段使いできるので良いですね。

和室を間取りに入れることにしたとき、社長の提案でキッチンの天井を和モダンテイストにしてもらいました。和室と同じような天井にすると完全に和風になってしまうので、キッチンの天井には幅が狭い材を使ってスタイリッシュな印象になりました。玄関の天井も同じデザインになっています。

お陰でソファやダイニングテーブルも納得のものを選ぶことができたし、「落ち着ける空間」という当初からの理想をしっかり実現することができました。

どんな要望を実現することができましたか?

『ストーリーズ』の特徴である玄関の洗面台には笠間焼の洗面ボウルを使いました。この家に住む前は笠間のアパートにいて、そういう思い入れを盛り込みました。せっかくの笠間焼なので一枚板に乗せて、その全体的な雰囲気が結構気に入っています。あとは玄関を入ってすぐ、正面に縦長の窓を作って外の植栽が見えるようにしてもらい、その植栽が映えるように壁紙を黒くすることも実現できました。

また、家全体を落ち着く空間にしたかったので黒、茶色、灰色で室内を統一したのと、2階の部屋の扉をお気に入りの水色にしてみました。

それと私たちの要望を叶えてもらったことで大きかったのは、全館空調のためのパイプスペースの設置場所ですね。どうしても配管を通すためにデッドスペースができるんですが、担当の長谷川さんにだいぶ頑張っていただいたので結果的にリビングがすごく広くなりました。庭側の壁にあったのを階段側の壁に移動して、さらにできる限り薄く目立たないよう隠して配置してくれたんです。

長谷川さんも社長さんも本当にすごいです。結構こだわりたくて色々思い付いたことがあったのですが、決まった打ち合わせ以外にもその都度対応していただいて。真面目で優しくて責任感があって、手を抜かずに向き合ってくれたのがとても嬉しかったです。

大満足ポイントを教えてください

生活の中心にいる子どもたちが楽しいことが一番なので、子どもが自由にのびのびと過ごせる家が出来て嬉しいです。庭を広くとって遊べるようにしたし、今後は農家をしている私の祖父に畑のことを色々教えてもらいながら、子どもたちにも野菜作りの楽しさを覚えてもらいたいと思います。勝手口から洗面所、脱衣所、お風呂場と繋がっているので、畑仕事で子どもたちがどれだけ汚してもお風呂に直行できるのが良いですよね。

妻は満足度120%と言っています。子どもたちが遊びやすくて、妻が生活しやすいので、1日の始まりから終わりまですごく気持ちが楽なのだそうです。私たちが希望していた和モダンと、社長さんの考えや得意な部分とぴったり合ったのも満足度として大きいですね。

家づくりを検討している方にメッセージをお願いします

『彩+house』では、型にはまらない家づくりをさせてもらえます。作り手にとって都合の良い家ではなくて、実際に住む人のことを考えて作ってくれました。大手のハウスメーカーさんよりも親身に、お客さんそれぞれのニーズに応えてくれるので、こだわって家づくりをしたい方にはお勧めです。

また、初めは打ち合わせというと大変そうなイメージがありましたが、社長さんも長谷川さんもすごく話しやすい環境を作ってくれるので自分の意見もしっかり言えました。お陰で打ち合わせが全く億劫ではなく、とても良かったです。

フォトギャラリー

『彩+house』スタッフより言葉を添えて

新しい生活様式を踏まえて開発した、私たちの新商品『ストーリーズ』。その記念すべき最初の1棟を建てることを決心していただき、誠にありがとうございます。この家には元々和室は間取りにありませんが、K様ご夫婦たってのご希望で和室を取り入れることになり、これまで私たちが追求してきた上質で過ごしやすい「和モダン」がさらに一歩、高みに登る良い機会をいただきました。

お庭でワクワクする過ごし方も含めた家、『ストーリーズ』。お子様たちとご夫婦のびのびした暮らしの始まりをお手伝いでき、心より嬉しく存じます。

STAFF BLOG

『彩+house』の楽しい日常ブログです。
こう見えて実は…!?スタッフの意外な素顔を見れるチャンス!ブログならではの秘蔵話や写真も盛りだくさん!随時更新中ですので、是非ご覧ください。

→ STAFF BLOGを見る

『彩+house』展示場のご案内

石岡展示場でお待ちしています!!

こだわりの高断熱・高気密住宅『彩+house』なら熱い外気温の影響を受けにくい!エアコン1台で全室の冷暖房をまかなえる上質な住まいを、ぜひご体感ください。

→ 石岡展示場の詳細を見る

スマホ向け表示