BLOG

うわさの「彩+houseの社長」はこんな人!

こんにちは!

茨城県を中心に「心のこもったおもてなしと革新された住環境」をご提供する、彩+houseです。今回はスタッフ紹介の第一弾としまして、我社の社長を直撃取材しました!
彩+houseで家を建てることにした大半の人が「この社長なら」と言ってくださるその秘密とは!?
 

【我社の石川武社長にインタビュー!】

Q:どうして住宅会社を始めようと思ったのですか?

石川:父が建具職人だったということもありますが、私は幼少期から小児喘息で季節の変わり目とか温度差、ハウスダストなんかでとても苦しい思いをしていまして。それで、「だれでも安心して健康に住むことができる家をつくりたい」という気持ちが自然に芽生えました。
だから、一年中家のどこにいても快適で、体に直接エアコンの風が当たらないという彩+houseのしくみをどうしても作りたかったんです。
 

【費用がかかる家では意味がない】

Q:エアコンは何か特別なものですか?

石川:いいえ。家電量販店に売っている、ふつうのエアコンです。1台で家の中全体の冷暖房をカバーできるしくみを作るのには、大変苦慮しました。一般的には各部屋にエアコンをつけたり、全館空調システムなどを設置しますよね。それで毎月の電気代や故障した時の修理にけっこうな費用がかかりますが、彩+houseの独自のシステムなら、ふつうの家庭用エアコン1台分のことを考えるだけでOKなんです。もちろんお手入れもしやすいですよ。
 

【趣味や休日の過ごし方】

Q:休日は何をしていますか?

石川:子育てです。といっても、子供はもう社会人ですので、もっぱら末っ子のコロ(トイプードル)の世話をしています(笑)。毎月の散髪代は、私の倍かかります(汗)。休日もどうしても仕事のことを考えてしまうので、コロの世話や散歩はいい気分転換になります。
 

Q:趣味はなんですか?

石川:ふっと思い立っての旅行です。といっても、半分は視察のようなものです。行った先のホテルや旅館で空間デザインや接客を見て、アイデアの参考にさせていただいています。

旅行に行っても結局はお仕事につながってしまう、まじめで熱い石川社長。お客さま家族がずっと幸せに暮らせる住環境を第一に考えるその姿勢と情熱に、私たちスタッフ一同もつい引き込まれてしまうのです。

この記事を担当しました。

ブログ管理人

管理人

スタッフからひと言

このスタッフの他の記事を読む

RECENT POST

CATEGORY

STAFF

ARCHIVES