【家づくりのこだわり】「エアコン1台で暖かく涼しい」ってどういうこと?

スタッフ:彩+houseの家づくり

 
こんにちは!
茨城県を中心に「革新された住環境」をご提供する、彩+houseです。
当社では、家を建てた後のランニングコストやメンテナンスコストを考え、「普通の家庭用エアコン1台で、夏涼しく冬暖かい家」を造っています。
しかし一体それってどういうことなのか?ご紹介したいと思います。
 

【ポイントは高い断熱・気密性能+床下エアコン】
よくお客様から、「家庭用のエアコン1台で本当に夏涼しく冬暖かいの?」と確認されます。特に真冬にモデルハウスを体感していただくと、感動して帰られます(^^)
その仕組みは、徹底した断熱・気密性能と床下に設置したエアコンが鍵を握っています。そのエアコンの風が家全体の床下、壁内、天井内に廻り、すべての部屋が輻射熱で快適になるように設計されているのです。
 

【エアコンが床下にあるメリット】
通常の空調システムだと冬は足元が暖かくならず、床暖房を希望されるお客様もいらっしゃいます。でも、元々エアコンが床下の基礎の中にあるので、しっかり足元から暖めてくれるのです。そのため、当社でつくる家は床暖房不要です。また、床下の基礎の中に降りられるようになっており、エアコンは目の高さに設置されています。そのため、メンテナンスが楽なんです。壁掛けのエアコンは、位置が高くお掃除も大変ですよね。
 

【気密性と断熱性に大切!】
床下に普通の家庭用エアコン1台で、しっかり家の中の温度をコントロールできるということは、気密性能と断熱性能を徹底的に追及しないと実現できません。
使用する断熱材やサッシにこだわりながら、現場ごとに必ず気密検査を行います。
検査の結果、万が一気密性能が弊社の基準に達していない場合は、達成するまで工程を進めないルールになっています。
 

【家の良し悪しは大工で決まる】
どんなに良い設計をしても、どんなに良い断熱材やサッシを使っても、家の品質は大工で決まるといわれています。
彩+houseの大工は全員社員ですので、社内会議で常に革新することを話し合いながら、同じ理念のもと携わっています。
毎日スペックと品質を追求した家を造っている、専門の集団です。
 

【資料請求ありがとうございます…。】
彩+houseのオーナー様から、お引き渡しから数ヵ月後に言われたことがあります。
実は住んでみるまでは、エアコン1台で家中暖かいなんて信じていなかった…と。
確かにパンフレットや資料だけでは半信半疑になるかと思います。
一番良いのは、お客様ご自身で実際に感じていただくことだと思います。
彩+houseはご来場後に熱い営業をしたりしません。
これから季節は冬へと向かっていきます。モデルハウスでは冬にスリッパをご用意しておりません。床暖房や全館空調なしで本当に暖かいのか、買い替えのきかない買い物ですので、ぜひ勇気を出して体感してみてください。
 

ページの先頭へ