【モデルハウス】真冬の寒〜い日こそ、石岡展示場へ!

スタッフ:彩+houseの家づくり

−真冬もエアコン1台だけ。驚きの暖かさ−

家づくりのはじめの一歩は、何からスタートしますか?とりあえず住宅展示場に行ってみようか、という方も多いのではないでしょうか。
【彩+house】のモデルハウス、石岡展示場には、ぜひ真冬の寒い日におこしください!モデルハウスの暖房は、床下に設置した家庭用エアコン1台だけ。それなのに、家中が暖かく、快適であることを実感していただけます。
 
◎スリッパはお出ししません

石岡展示場では、スリッパをお出ししていません。床暖房や全館空調がなくても、本当に暖かいことをお客様自身で感じていただきたいからです。
実際に【彩+house】で家を建てたお施主様も、「一年中スリッパははきません」という方がたくさんいらっしゃいます。でも、「実は、モデルハウスを訪れてみるまでは床暖房がなくて本当に大丈夫か心配だった」という方も、結構いらっしゃいます。
だからこそ、真冬の寒〜い日に、モデルハウスに来ていただきたいのです。
床下に設置したエアコンから送り出される暖かい空気は、室内に吹き出すのではなく、壁内を巡って、輻射熱の効果で全ての室内を暖めます。
エアコンの風で乾燥することもなく、じんわりと暖かい環境をぜひ、体感してください。
 
◎1階と2階の温度差も、わずか!

家中どの部屋も温度差がほとんどなく、快適に保たれていることも、【彩+house】の特長です。
石岡展示場では、常時、室温を計測していますが、猛暑の夏も極寒の冬も、1階と2階の温度差は1〜2℃程度です。暖房で暖めた部屋から一歩出るたびに「寒い!」と感じるようなことはもうありません。
この快適な環境を実現できる理由は、

①冬は暖めた空気を、夏は冷やした空気を外に逃がしにくい「高気密」
②外気温の影響を受けにくくする「高断熱」

この2つの条件を満たしているからです。
建物の性能がしっかりしていると、少ないエネルギーで快適な温度に保てるので、光熱費もぐっと抑えることができます。

モデルハウスご見学中は、【彩+house】の家の心地よさを、五感で味わっていただきたいので、あれこれお話しいたしません。気になることがあれば、気軽にスタッフにお聞きください。
それでは、石岡展示場でお待ちしています!

ページの先頭へ