【新コンセプトハウス紹介④】モデルハウスのプランが完成しました!

スタッフ:彩+houseの家づくり

—家族みんながハッピーに暮らせる家—

今年9月頃のオープンを目指して進めている新商品「Stories−ストーリーズ」のモデルハウス建築計画。ついに、そのプランが完成しました。社長を筆頭にスタッフが知恵を絞って、練りに練った自信作のプランです。今回は、その一部をご紹介します。
※プラン図はアイデアスケッチ段階のものです。モデルハウスのプランとは異なります
 
 

リビングは、みんなが自由に使える空間!

「Stories−ストーリーズ」は、今も、50年後も家族みんながハッピーに暮らせる家。
たとえば、少し前までは、リビングは家族が集まって一緒にテレビを見る場所でした。 
でも、今では、それぞれが好きなことをしながら何となく一緒にいる場所へと変化していませんか。時代の流れとともに、家での過ごし方、家族の距離感は変化しています。

そこで、「Stories−ストーリーズ」では、【リビング=フリースペース】と考え、大きなソファを置くのではなく、カフェのように一人掛けのスツールをいくつか置いて、家族とつながりながらも、それぞれが好きなことをして過ごす場所としてご提案しています。

子どもが小さいうちは遊びに使えるスペースを広くとった配置に。
少し大きくなったら、スマホを見たり、読書をしたり、テレビを見たりと、それぞれの寛ぎスタイルにちょうどよい場所に椅子を配置。
 
時が流れて夫婦二人になったら、さて、どんな使い方がよいでしょうか?
モデルハウスのフリースペースで、50年後までのご家族の暮らしを想像してみてください。
※写真は「Stories−ストーリーズ」施工例です。
 
 

◎新しい暮らしにも心地よくフィット

「Stories−ストーリーズ」では家のあちこちに、誰が使ってもよいミニデスクを置いて、その時々で、家族とちょうどよい距離感を保てる提案もしています。
 
モデルハウスには、個室にもなるワークスペースを設置しました。リモートワークやオンライン会議などの機会が急激に増えたニューノーマル時代の暮らしにも、心地よくフィットする間取りです。家族と離れて過ごしたいときにも一人になれる空間です。
 
ほかにも、家で過ごす時間を大切にする人が増えている今、自宅で過ごす時間が少しでも楽しくなるように、いろいろなアイデアを盛り込みます。
 
庭もその一つ。家族で楽しく野菜を育てる家庭菜園など、眺めるだけでなく、楽しめる庭づくりをご提案します。

オープンまでまだ少し時間がありますが、一刻も早く、実物をご覧いただきたい気持ちです。
今後は、使用する部材やデザインを決定していきますので、完成まで最新情報を随時お知らせしてまいります。どうぞ楽しみにお待ちください。
※写真は「Chocolat!」の弊社施工例です。
 
 
 

ページの先頭へ