【家づくりノウハウ】彩+houseのインテリア提案

スタッフ:彩+houseの家づくり

—おしゃれな和モダン空間にするには—

せっかく家を建てるなら、おしゃれなインテリアにしたいですよね。
【彩+house】の石岡展示場では、ホテルライクな「和モダン」をテーマにインテリアをコーディネートしています。石岡展示場をご見学されたお客様から好評で「同じ雰囲気にしたい」と言っていただくことがとても多いので、今回は、おしゃれな「和モダン」を実現するインテリアのポイントについてご紹介します。
 
 

◎和モダンスタイルとは?

現代的でシンプルな「モダンテイスト」と日本の伝統的な「和の要素」を組み合わせたスタイルを「和モダン」と呼びますが、襖や障子などを採り入れ、ぐっと「和」に寄せたコーディネートから、北欧の家具や雑貨などとも相性のよい「北欧モダン」よりのコーディネートなど、実は幅が広いスタイルです。
共通しているのは、木の温もりを感じること、自然素材を想起させるカラーを組み合わせていること、直線的で水平基調のデザインであること。そして、シンプルであること。
ところが、シンプルに造るって、簡単そうで実はかなり難しいんです。間違うと残念なぐらい安っぽく見えてしまう。【彩+house】の場合は、一見スッキリと見せながらも、その奥の深いところで、面やライン、そして光を複雑に構成しながらデザインしていきます。
 
 

◎展示場のポイントは

石岡展示場では、【彩+house】のデザインルールに沿って、開口部の高さを揃える、装飾的な要素のない部材を使用する、建具は壁面に同化させるなど、さまざまな配慮によって、整然とした美しさを追求しました。
そこに、畳や格子戸、天然素材の温もりなどをプラスして、心ときめく洗練の「和モダン」スタイルを完成させています。
 

また、この秋オープン予定の「Stories−ストーリーズ」の展示場は、「和モダン×北欧モダン」をさらに高い次元で融合させ、【彩+house】のデザインを一層深化させました。
たとえば照明計画では、室内全体を隅々まで明るくするのではなく、あえて光と影をつくることで空間に深みをもたせ、上質な「ときめきとやすらぎ」の空間を演出しています。
夢のような大きさや仕様の展示場ではなく、どちらも「このまま建てたい!」と言っていただける、リアルサイズなモデルハウスです。
 
ぜひ「素敵!」を感じてみてください。
 
 
 

ページの先頭へ