【新モデルハウス】モデルハウスの進捗状況②

スタッフ:彩+houseの家づくり

—足場が外れました—

10月8日にオープンする新展示場「Stories−ストーリーズ」モデルハウスの工事もいよいよ大詰めです。外壁工事が完了し、雨樋などの取り付けも終わったので、外装検査を行ったあと、外部の足場と養生幕を外しました。ついに新展示場の外観があらわに!
私たちスタッフにとっても、自分たちが手掛けた家の全体像をはじめて見ることができるので、足場を外すときは、いつもワクワクする瞬間です。
 

◎外観の見どころ

なんといっても、シンプルな切妻屋根とモノトーンの外観が特徴です。
外壁は真っ黒に見えますが、ブラックの木目調外壁材を縦張りと横張りに張り分けています。
庇の裏側(軒天)は九州産の杉板を張り、漆黒塗装をしています。
この軒天が、屋外と室内のつながりを生む仕掛けになっています。室内からの眺めもご紹介したいのですが、現在、内装仕上げ工事が進行中です。もう少しだけ、お待ちください!

別邸のようなくつろぎとやすらぎ、そして、「家族を生涯ハッピーに!」する暮らしをかなえる住まい「Stories−ストーリーズ」にご興味のある方は、ぜひ新展示場に、お気軽にお越しください!
 
 

ページの先頭へ