BLOG

家族の中にいながら心地よい距離感を保てる住まいをご提案

こんにちは!
茨城県を中心に「心のこもったおもてなしと革新された住環境」をご提供する、彩+houseです。
今回は、新商品の「Stories ストーリーズ」についてご紹介します。Storiesは住宅デザイナー「タブチキヨシ」さん監修のもと開発いたしました。上の画像はまだ提案段階のフリーハンド図面ですが、ワクワクするしかけが満載です!
 

【個を大切にできる新しい住まい方のご提案】
「Stories ストーリーズ」は、これからの「家族の“個”を大切にする家」を重視しました。たとえばリビング。今までは大きな3人がけのソファに座って、みんなでテレビを見て団らんするのが一般的でしたが、今はそれぞれがスマホで動画を楽しんだり、SNSでおしゃべりしたりするのが当たり前。
そのためリビングにはあえて一人用椅子を複数置いて、家のあちこちには誰が使ってもいいミニデスクを設置。家族の中にいながらもそれそれが心地よい距離感が保てるプチプライバシーシェアを実現いたしました。
これから何十年もの暮らしの中で、家族構成が変化しても‘家族でつくっていく物語は終わらない’そんな住まいが「Stories ストーリーズ」なのです。
 

【野菜づくりだけじゃない「YASAI BATAKE」】
お庭には「YASAI BATAKE」を作りました。おうち時間が増えたこれからは、家で野菜や果物を栽培すればお子さまの食育にもなるし、育てる楽しみにプラスしてお財布にもやさしい暮らしができます。
野菜づくりの他にも使い方は自由自在。お子さま用の遊び場にしたりドックランにしたり、またテントを張って庭キャンプを楽しむことだって可能です。
ライフスタイルに合わせていろいろ楽しめちゃうのが「YASAI BATAKE」の特徴です。
 

【計画された生活動線】
外出先から帰ってきた後に洗面所に向かうまで、いくつのドアを触りますか?「Stories ストーリーズ」では、外から帰って最初に手を洗えるよう、玄関のすぐ脇にかわいい手洗いを設置しました。
また、家族みんなの着替えを収納できる集合収納、洗面・物干しルーム、ランドリールーム・脱衣室、バスルームという、連続した使いやすい動線を実現いたしました。
さらに、脱衣室と洗面室をそれぞれが独立させることにより、家族がお風呂に入っている時に洗面室に入れないといったことがないよう配慮いたしました。
 

この記事を担当しました。

ブログ管理人

管理人

スタッフからひと言

このスタッフの他の記事を読む

RECENT POST

CATEGORY

STAFF

ARCHIVES