BLOG

【自社について】モデルハウスの室温を公開!

—寒さのピーク、2月の温度—

 

今年の冬は雪も多く、本当に寒いですね。

茨城の冬は、北海道から移住してこられた方でも予想以上に寒いと言います。

彩+house】のモデルハウスでは365日24時間、室内外の温度を計測しています。

 

2月5日の「chocolat! ショコラ」モデルハウスの温度です。

暖房は床下に設置した家庭用エアコン1台のみを、25℃、風量は弱で稼働させています。

延床面積52坪ですが、玄関や廊下も含めた1階と2階のすべての部屋を、その1台で暖めています。

 

まずは、外気温から。

 

 

最高気温は14〜15℃になりましたが、最低気温は0℃を切る寒さです。

 

続いて室内の温度です。

 

 

1階リビング】1日を通じて、25℃前後をキープしています。
 

 

1階トイレ】リビングを1〜2℃下回っています。

 

 

1階洗面脱衣室】リビングと1℃程度の差です。

 

 

2階寝室】こちらもリビングをわずかに下回る程度。

 

 

2階トイレ】寝室よりわずかに低いかな、という程度。

 

 

部屋間の温度差は1〜2℃程度でした。

 

外気温が最も低く0℃以下になった朝4時台も室内の温度はどの場所でも22〜25℃をキープしています。いかに外気に影響されにくいかが、よくわかります。

また、注目していただきたいのは、1日を通じて温度の変動が少ないこと。

外気温は、24時間で±16℃程度の気温差がありましたが、室内はどこも±4℃ほどでした。

見学の方がいらっしゃるときだけ、特別に暖かくしてお迎えしているわけではありません!

 

トリプルA工法」で建てる【彩+house】の家は、床・壁・天井から暖かい遠赤外線が放出されるので、身体の芯から温まり、足元も冷たさを感じません。

ぜひ一度、モデルハウスの床の温かさを素足で体感してみてください。

 

この記事を担当しました。

管理人

スタッフからひと言

このスタッフの他の記事を読む

RECENT POST

CATEGORY

STAFF

ARCHIVES