BLOG

【健康・快適な暮らし】キッチン特集

—暮らしにぴったりなキッチンをみつけよう—

 

せっかく注文住宅を建てるのだから、家事がしやすく、料理が楽しくなるようなキッチンにしたいと思いませんか?

お客様との打ち合わせでも、キッチンの仕様決めは盛り上がるポイントのひとつです。

今回は、【彩+house】の施工例の中から、いくつかのタイプのキッチンをご紹介したいと思います。

 

◎アイランドキッチン+腰壁

 

 

「chocolate!」石岡展示場でも採用しているアイランドキッチンに腰壁を組み合わせたタイプです。

アイランドキッチンは開放的で、キッチンで作業をする人が孤立せず、キッチン周りの動線もよくとても人気があります。ただし、作業中の手元が丸見えになってしまうというデメリットも。そこで、床から手元が隠れる高さまでの腰壁を設けて目隠しに。コミュニケーションのとりやすさはそのままに、リビングやダイニング側から、散らかりがちなワークトップは見えにくくなります。

 

 

◎回遊式ペニンシュラ

 

 

対面式キッチンの左右どちらかが壁に接しているものをペニンシュラ型といいます。通常は壁に接していないどちらか一方からのみ出入りが可能になります。優れた断熱・気密性能で、玄関からリビングまでオープンな空間にすることができる【彩+house】の家では、写真のように左右どちらからも出入りが可能な回遊式のペニンシュラ型キッチンも可能です。

 

◎フルフラットアイランドキッチン

 

 

お子さんと一緒に、ご夫婦揃って、家族みんなでキッチンに立つこともできそうな、ゆとりあるサイズのフルフラットキッチンはLDKの主役に。家族の暮らしの中心にキッチンがある、というご家庭には、リビング・ダイニングとの一体感を強く感じることができるこのタイプがおすすめです。LDK空間の中でかなりの存在感を閉めますので、扉材を木目にするなど、家具のようにコーディネートすると、インテリアに馴染みやすいでしょう。

 

このほかにも、作業に集中しやすく、空間を広く使える壁付けキッチンなどもあります。

どんなキッチンにしたいか、まずはお気軽にご相談ください!

この記事を担当しました。

管理人

スタッフからひと言

このスタッフの他の記事を読む

RECENT POST

CATEGORY

STAFF

ARCHIVES