彩+houseの性能へのこだわり

スタッフ:彩+houseの家づくり

こんにちは!
茨城県を中心に「心のこもったおもてなしと革新された住環境」をご提供する、彩+houseです。
今回は、彩+houseの性能へのこだわりについてご紹介します!

【気密性の高さ】

すき間をできるだけなくして気密性を高くすると、冷暖房を効率よく使うことができます。家の中の空気を逃さないので冬は暖かく、夏は涼しく過ごせます。そのうえ費用も最小限に抑えられるのです。彩+houseが採用しているのは、寒冷地域で使われるのと同じ高性能のサッシ。そのため冬でもあのイヤな結露に悩まされることがありません。気密性を保つために、第三者機関による気密検査も実施しています。

【最高品質の断熱材を使用】

断熱材は世界最高水準といわれている「フェノール樹脂断熱材」が標準仕様です。その性能の高さはなんと、発泡ウレタンの約2倍。フェノール樹脂断熱材は長期にわたって気密・断熱性能を保てるため、長く住んでもずーっとヒートショックなどの心配が少なく、生涯にわたって安心して健康に暮らしていけます。

【最高レベルの耐震性を採用】

耐震等級には1から3まであります。1は最低限のレベルをクリアした建物、2は学校や公共施設など多くの人が集まる施設、3は警察署や消防署などの災害にも対応できるレベルです。彩+houseはこのレベル3をすべての住宅に採用することで、お客さまに安心と安全をご提供しています。

【つねにアンテナを張り巡らせ研究し続ける】

ここ数年、日本では全国各地でつねに大きな自然災害が起こっていますね。それに基づき、国の基準も年々新しいものに上書きされます。改正された基準に追従するのではなく、つねに「進化と深化」を昇華していくことが、私たち彩+houseの使命です。

ページの先頭へ