【家づくりノウハウ】彩+houseのアフターメンテナンス

スタッフ:彩+houseの家づくり

—10年、20年後もハッピーな関係で!—
 

家づくりは、多くの方にとって一生に一度のこと。当然、長く住み続けるつもりで考えますよね。
 
そこで気になるのが、アフターメンテナンスのことではないでしょうか。弊社の打ち合わせでも、お客様からアフターメンテナンスについて質問されることは……実は、あまりありません!(笑)その理由について、考えてみました。
 
 

◎メンテナンスが不要な家を目指しているから!

そもそも、【彩+house】では、できる限りアフターメンテナンスが不要な高品質の家づくりを目指しています。
  
たとえば、一般的に10年前後でメンテナンスが必要になると言われる外壁には、メンテナンスフリーのシーリングレス仕様の外壁材を標準採用しています。
 
さらに、【彩+house】の家はすべて、壁の中を空気が流れる仕組みになっているので、壁内結露によって構造が痛む心配もありません。
 
しかし、どんなに良い間取りでも、どんなに良い材料を使おうとも、「家は、大工の良し悪しが決まる」といわれています。彩+houseでは、「この家に住まわれるご家族の、これから50年間の幸せで健康な暮らしを創る」という同じ志のもと、4人の社員大工が常に技術革新を考え、オーナー様の笑顔を想像しながら造っています。万が一の不具合の際も、社員大工をはじめ、携わった全てのスタッフが対応いたしますので、ずっと安心が続いていきます。
 
  

◎完成後にいただくご連絡で多いのは…

【彩+house】では完成後、半年、1年、2年、5年、10年後に無料の定期点検を行っていますが、万が一、住みはじめてから不具合が生じた場合には、即対応ができる範囲に施工エリアを限定していますので、すぐに駆けつけることが可能です。
 
ただ、実際に完成後のお客様からご連絡をいただくことが多いのは、「建物の不具合について」ではなく、照明器具・キッチン・洗面台・バス・トイレ・給湯器といった「住宅設備の操作で分からないことがある」といった内容です。
 
設備メーカーに直接お問い合わせいただいてもよいのですが、まずは【彩+house】に連絡してみようとお客様に思っていただけることが、「身近な頼れる工務店」である証拠かなって思っております。ご連絡をいただければ、喜んで、丁寧に対応させていただきます!
 
何年たっても、気軽に何でも聞ける存在でありつづけるよう、これからも、お客様とのコミュニケーションを大切にしていきます。
 
 
 

ページの先頭へ