BLOG

【villayaについて】猛暑でも快適!「villaya-ヴィラヤ」の夏

—エアコン1台で叶える、身体にやさしい涼しさ—

 

 

まだまだ暑い日が続いていますね。
国連が「地球温暖化の時代は終わり、地球が沸騰する時代がきた」と警鐘を鳴らした今年の夏、石岡市でも最高気温が33℃〜36℃という日が続いています。
そのような猛暑であっても、【彩+house】の家の中では快適にお過ごしいただけるのですが、特にぜひ体験していただきたいのが、平屋モデルハウス「villaya-ヴィラヤ」の特別な涼しさです。今回は、その涼しさの秘密についてお伝えします。

 

◎さらっと涼しい。空気が軽い

 

 

平屋モデルハウス「villaya-ヴィラヤ」の玄関に足を踏み入れたとたんに感じるのは、ひんやりとした冷気ではなく、全身を包み込んでいた暑さからの開放感です。
例えて言うなら、「夏の北海道で木陰に立ってそよ風を感じているとき」の涼しさに近いかもしれません。
みなさんは、冷房のよく聞いた室内で過ごしているときに、エアコンの冷たい風が皮膚にまとわりつくような感覚であったり、なんだか空気が重いと感じることはありませんか。これは、エアコンから吹き出される風が、室温より低い温度(=密度が高い空気)だからからかもしれません。
villaya-ヴィラヤ」では、室温を下げすぎず、家全体で湿度をコントロールすることで、凜として軽やかな、身体にやさしい涼しさを実現しているのです。

 

◎秘密は「気密」にあり

 

 

【彩+house】の家は、独自の「AAA/トルプルエー(アヤプラス アラウンド エアー)工法」による輻射式全館冷暖房です。床下に設置したエアコン1台のみで、家中をひんやり快適に保ちます。

 

ここで重要になってくるのが、建物の「気密性」です。
そもそも、家庭用エアコン1台(14畳用)で家中を冷やすには、構造の隙間をできる限りなくす(気密性を高める)ことが重要です。
気密性が高ければ、外気のべっとりした熱い空気が室内に侵入することを防ぎ、室内で冷やした空気が外に逃げにくくなり、快適な温度と湿度を保ちやすくなります。
平屋モデルハウス「villaya-ヴィラヤ」では、C値0.1㎠/㎡という非常に高い気密性を実現しています。
しかし、いくら気密の高い構造であっても換気は必要です。換気により外から水分を含んだ空気をそのまま取り入れてしまえば室内の湿度が上がり、同じ温度でも体感温度が高くなってしまいます。
【彩+house】では、排出する空気と取り入れる空気の熱と湿度の両方を交換しながら換気を行う第一種換気システムを採用しています。常に室内の快適な温度と湿度を保ちながら、新鮮な空気を取り入れることができるので、さらりとした軽やかで心地よい涼しさをキープすることができるのです。

 

☆「villaya-ヴィラヤ」の冷暖房の仕組みについて紹介したこちらの記事もぜひご覧ください。
https://ayaplus.jp/blog/6924

 

☆「villaya-ヴィラヤ」の涼しさをリアルにレポートするYouTube動画をアップしました!

 

☆モデルハウスのご来場予約はこちらから
https://ayaplus.jp/exhibition-villaya?id=reservation

この記事を担当しました。

管理人

スタッフからひと言

このスタッフの他の記事を読む

RECENT POST

CATEGORY

STAFF

ARCHIVES

営業時間10:00〜18:00(火曜・水曜 定休)
NULL