BLOG

【家づくりノウハウ】こどもみらい住宅支援事業ってなに?

—家づくりのタイミングはいつがいい?—
 

 

先行きの見えないことが多い今、土地や家づくりのコストも上がり、「家は建てたいけど、今はその時じゃないのかな?」と思っている方もいると思います。

もちろん、納得のいく住宅を少しでも負担を減らして手に入れたいと思うのは当たり前です。でも、じっと待っていても、この先土地の価格や建築費用、金利が下がる保証はありません。

選択肢の一つとして、家づくりの補助金を活用することを考えてみてはいかがでしょうか。

たとえば、「こどもみらい住宅支援事業」は、注文住宅の新築で最大100万円、リフォームで最大60万円の補助金を受け取ることができる制度です。

 

◎子育て世代の省エネ住宅が対象!
 


 

この制度の目的の1つめが「子育て支援」です。

注文住宅を新築する場合は、下記の条件に該当する若い世代が補助金の対象になります。

子育て世帯…申請時点において、2003年4月2日以降に出生した子を有する世帯

若者世帯…申請時点において夫婦であり、いずれかが1981年4月2日以降出生した世帯

 

もう一つの目的は「2050年カーボンニュートラルの実現」です。

そのため、二酸化炭素の排出を極力減らした省エネ性能に優れた住宅が対象になっています。省エネ性能のレベルによって補助額は変わります。

対象となる住宅は下記の通りです。

ZEH住宅」…100万円

高い省エネ性能等を有する住宅」ほか…80万円

一定の省エネ性能を有する住宅」…60万円

そのほか、自らの居住を目的とする家であること、住宅の延べ床面積は50㎡以上などの条件があります。

 

【彩+house】の家は標準仕様で、100万円の補助を受けることができます!

 

 

◎申請の締め切りにご注意!
 
申請は建築会社が行いますので、施主による手続きは不要です。ただし、契約した建築会社が「こどもみらい住宅支援事業者」として事前に登録している必要があります。

還元方法は住宅事業者への振り込み(支払いに充当)、または現金受け取りとなります。

 

申請期間は2023 年3 月31 日までです!(一定の省エネ性能を有する住宅は2022年6月30日まで)。ただし、予算が上限に達すると締め切られます。

また、新築住宅は2023年10月31日までに完了報告をしなければ補助金返還の対象となります。

逆算すると【彩+house】では2023年の2月頃までに着工していないと間に合いません

お打ち合わせや申請関係に6カ月かかるとすると、8月頃までに契約が完了している必要があります。

数年のうちに家づくりを検討されているなら、「今がその時」かもしれません。

 

【彩+house】では、家づくりに活用できる補助金の情報やアドバイスなど積極的にお伝えしています。建てたい家の種類や時期によっても使える補助金が異なりますので、まずはお気軽にご相談ください!
 
 

この記事を担当しました。

管理人

スタッフからひと言

このスタッフの他の記事を読む

RECENT POST

CATEGORY

STAFF

ARCHIVES