BLOG

【失敗しない家づくりのコツ】家族がスッキリ収納できる間取り

—おすすめの「3つの収納」とは—

 

 

いつもきれいに片付いた部屋で気持ちのよい暮らし送るためには、モノをきちんと収める収納が不可欠です。

そこで、「どの場所に、どれくらいの大きさ」の収納を配置するかが大切となります。

 

寝室や子ども部屋など、各部屋に収納を設置するのが一般的ですが、今回は「あると重宝する収納」を3つご紹介します。

 

◎2way動線やカスタマイズできる集合収納も便利

 

 

一つ目は半畳ぐらいの奥行きの浅いリビングダイニング収納。ついつい、リビングダイニング周りに散らかりがちな書類だけでなく、お子さまのランドセルなども収納でき、来客時もさっとモノを隠すことができます。

 

二つ目は食料品を保管できる、キッチン近くのパントリー。大きさは一畳分ぐらいで、奥行きを浅くするのがポイント。奥行きが深いとついつい手前にモノを置いてしまい、奥のモノが取り出しにくくなって使いづらいです。

 

最後に、家族が毎日着る衣類などいつも使うものをすべて収められる4.5〜6畳くらいの集合収納(ウォークインクローゼット)も大変便利です。

2way動線を確保して1階の住まいの中心に配置する提案や、収納内のカスタマイズにも対応していますので、使いやすいと好評をいただいております。

 

◎生活動線を考えて収納を配置する

 

 

収納はただ設置すればいいというものではなく、生活動線に合わせて配置することが大切です。

例えば「寝室〜集合収納〜ランドリールーム〜バスルーム」など、一直線の動線上に収納を配置するのもオススメ。

一つの動線で、洗濯物を洗う~干す~しまうが解決できて便利です。

一直線に配置できるかどうかは土地の広さにも左右されますが、工夫次第で何とかなるものです。

 

収納は適材適所。そのために日々の暮らしをきちんとイメージした間取りプランを心がけましょう。

 

【彩+house】の商品ラインナップの中では、「Stories−ストーリーズ」で、集合収納+ランドリースペースを標準プランとして提案しています。

ご興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。

 

この記事を担当しました。

管理人

スタッフからひと言

このスタッフの他の記事を読む

RECENT POST

CATEGORY

STAFF

ARCHIVES

営業時間10:00〜18:00(火曜・水曜 定休)
NULL