BLOG

【自社について】寒さ、暑さに影響されない住空間を実現するトリプルA工法

—家族の ココロまで あたためる—

冬は足元からぽかぽか、夏もサラサラ爽快。

家庭用エアコン1台で家全体を心地よい温度と湿度に保つ【彩+house】の家は、独自の工法で建てられています。

高気密・高断熱という優れた基本性能に効率のよい冷暖房を組み合わせた「トリプルA工法(AYAplus Around Air)」についてご説明します。

 

◎6面輻射による全館冷暖房

 

 

トリプルA工法」は、極寒の茨城の冬でも家じゅうの温度差を少なくして、ご家族をヒートショックから守りたいという思いから開発した構造です。

特徴は、まず高気密・高断熱の躯体。

外気の温度に左右されにくく、室内で温めたり冷やした空気が外に逃げにくい構造をつくります。

そして、床下に設置する家庭用エアコン。

エアコンの風(冬は暖気、夏は冷気)は、床から室内へ吹き出すのではなく、すべての壁や天井の中に設けた通気層を通って、家全体に循環します。

室内に居る人は、床・壁・天井の6面からの輻射熱の効果で、冬はじんわり暖かく、夏はひんやり涼しく過ごすことができます。風が直接あたらないので、身体に優しく快適な環境が保たれます。

 

◎結露を防いで、人も家も健康に

 

 

トリプルA工法」の家は、結露も抑えます。押入やクローゼットなど扉のある収納の中にカビが発生しまった、という経験はありませんか?これは、室内の空気を暖めることで、収納内との温度差が生じてしまうからです。壁の内側から温度と湿度をコントロールする「トリプルA工法」では、収納内の壁面も室内と温度差がなく保たれるので、結露は起こりにくくなります。

また、外気の影響を受けやすく、結露の発生場所になりやすい窓については、樹脂サッシを採用することで、断熱性を高めています。

さらに、室内と外との温度差により、壁の中に結露が起こることで柱や梁などの構造が腐りやすくなりますが、「トリプルA工法」では、壁の中に温湿度をコントロールした空気を循環させているので、構造の強度を保ち、住まいを長持ちさせます。

 

トリプルA工法」は、家じゅうの温度差が少なくなることで健康的な快適な毎日をかなえるだけでなく、結露を防ぐことで家の長寿命化をはかり、コスト面にも配慮した画期的な技術です。

 

まずは、その快適さを、ぜひモデルハウスで体感してください!

この記事を担当しました。

管理人

スタッフからひと言

このスタッフの他の記事を読む

RECENT POST

CATEGORY

STAFF

ARCHIVES