【失敗しない家づくりのコツ】外観をカッコよくするにはどうすればいいですか?

スタッフ:彩+houseの家づくり

—カッコよさにはルールがある—

車で走っているときや街を歩いているときに、「あっ、カッコイイ」と思う外観の家に出会ったことはありませんか。外観デザインは、家の印象だけでなく、ときには住む人に対するイメージにも影響する大切な要素です。
では、「カッコいい外観」とは、いったいどんな外観のことなのでしょうか?
 

◎スタイルではなくディテールで決まる

モダン、ジャパニーズ、ナチュラル、アメリカン、北欧スタイル、ブリティッシュスタイル……。家の外観のスタイルは実にさまざまな種類があります。
どんなスタイルが自分たちのイメージにピッタリくるのか、いろいろな家を見て、好みを見つけることが第一歩です。
でも実は、カッコいいか、そうでないかの違いは、どんなスタイルを選ぶかではなく、「ディテール」の設計がポイントなのです。
たとえば、サッシ。室内からはあまり気になりませんが、外観の要素として考えると、高さ(上端の高さ)や幅をそろえて並べるだけで、外観が一気にすっきりします。窓の形や種類もできるだけそろえ、窓によって生まれた水平・垂直のラインと外壁の切り替え位置なども合わせると、さらに整然として見えます。
また、【彩+house】では、1階の窓と軒天の高さを合わせて設計するなど、ノイズとなる余分な凸凹やラインをそぎ落とすことで、スタイルを超越した、カッコいい外観を作り出しています。
 

◎バランスも大事!

外観デザインを考える上で、実は間取りも重要なポイント。
家の形や窓の位置は、間取りと連動しているからです。
そこで【彩+house】では、間取りと外観、さらに外構までを同時にプランしていきます。
日当たりや風通し、プライバシーをきちんと確保し、家族がハッピーに暮らせる家事動線も考えながら、すっきりしていて、美しい外観をデザインします。
素材選びについても、デザイン性だけでなく、メンテナンス性や耐久性を兼ね備えたものを厳選してご紹介しています。

家づくりの打ち合わせでは、お客様に「まずはどんな暮らしがしたいのか、夢や希望をどんどん語ってください」とお話しています。
暮らしやすさと飽きのこないカッコよさ、そして予算のバランスをとりながら、素敵な住まいになるよう、プロのスパイスをきかせてプランニングいたします。

石岡市にある【彩+house】の2つの展示場(ショコラ展示場、Stories−ストーリーズ展示場)の外観もぜひご覧ください!
 
 

ページの先頭へ